パートラッピングのお仕事

| トラックバック(0)

マットブラックで仕上げられたYZF-R6

IMG_1086.jpg

タンクの赤色だけが主張してしまい、バランスとしてはイマイチ。

全部を黒くするよりもかっこよく、motoGPマシンのようなスポーティさも欲しい。

このような御依頼でした。

 

まぁ全部貼ると費用面でも高くつきますので、マットブラックを活かした

GP開幕前のテスト車両のような雰囲気で仕上げる事に決定。

160116162232428_m3.jpg.html.jpg

(こんな雰囲気を目指してモノトーンで仕上げます)

まずは自家塗装を含めたマットブラック部との調和を取るため、

マットブラックのシートでタンクを覆います。

yamahaのmotoGPマシンに倣い、センターに太めにラインを追加。

サイド部分はモビスターとモンスターエナジーロゴを大きく配置。

エネオスロゴも忘れずに。

アッパーカウル正面が寂しいので、ヤマルーブとエネオスロゴ追加。

これでかなり雰囲気が変わります。

IMG_1198.jpgIMG_1200.jpg

IMG_1204.jpgIMG_1203.jpg

これで完成。

細かなロゴまで全て再現すると、かえって煩く感じるので主要スポンサーのみ貼り付け。

撮り忘れましたが、リアフェンダー裏はmotoGPマシンに倣い、2D エクセディ BMC NGK マレリの

スポンサーデカールを作成>貼り付け。

車両オーナーだけがニヤニヤ出来るポイントですね。

今回もロゴステッカーまで含め、全てHEXISのカーラッピング用メディアを使用。

格安な材料も沢山出回っておりますが、剥がす際に糊がコッテリ残ると

クリーニングで塗装面にキズがはいってしまう可能性が高くなります。

愛車の保護も含め、御客様に御迷惑をお掛けしないよう材料選びも真剣です。

 

今回の場合、施工前の脱脂で自家塗装部分が色褪せてしまい・・・

主要部分にマットブラックを貼り直したのが一番大変だったかなw

 

自家塗装の車両にラッピングされる場合、塗装が剥がれる可能性がありますので、

事前に御相談下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chuo-honda.net/mt/mt-tb.cgi/97




定休日 :毎週日曜日
営業時間:AM 10:00~PM7:00


このブログ記事について

このページは、nakaokeが2016年4月30日 11:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「煌くラッピング!」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13