2011年5月アーカイブ

XR200RB

| トラックバック(0)


81xr200rb1.jpg300px-1980_restored_xr200.jpg

お客さんとの何気ない会話で
「XR200って格好よかったよね~」といった話で盛り上がってたところに
知人から「RB買わない?」のお知らせ。


「買う!」考える間もなく即答。

型式だけでは分からないと思いますので上記画像を参照

右がXR200RA(ME02) 二本サスが特徴。
左がXR200RB(ME04) リアサスペンションがプロリンクに進化

RAでも良い評価を得られていたマシンですが、サスペンションが
良くなった事で更に戦闘力が上がった素晴らしいマシンです。

しなやかで長い脚にスリムなボディ。
2サイクルCRのパワフルさも魅力ですが、軽さを活かした優雅な走りのXRもまた美しい。


中学生の頃、何気なく停めてあったXRに心奪われた日を思い出します。

きっと欠品が多くて修理も大変でしょうが愛さえあればwww


問題は、話してたお客さんが横に居た事でしょうか。
「売り物? 売るんなら買う」



・・・ まだ現車も届いてませんが。

全日本モトクロス開幕戦!

| トラックバック(0)
行って来ました全日本モトクロス。
勿論観戦ではなくお手伝いです。

SEKIRacingMotoRoman
今回はIA-2に3名 レディースに1名 計4名での参戦でした。

#05 飯田選手 残念ながら予選通らず
#60 冨田選手 22/20で1ポイント
#166 星野選手 5/11で総合9位 悔しさの残る結果に

レディース#1 益選手は貫禄の1位
4連覇に向けて最高の滑り出しでした。

毎戦お手伝い出来ればいいのですが・・・
仕事もありますし、次回のお手伝いは10月の広島大会。

これからどんな成績を残してくれるのか。


10月に期待大です。
CA3A1109.JPG CA3A1104.JPG

車検整備完了!

| トラックバック(0)
先日書きましたGL1500ゴールドウイング、本日無事車検合格。

流石に20年経っているバイクです、一箇所バラすと二箇所不具合発見という状態で、
カウルは全て剥がされ一時は見るも無残な姿になってましたが、ようやく一台のバイクとして
完成しました。
 
液体は全て交換 ステアリングステムのベアリングやダストブーツ、ブレーキのオーバーホールに
前後タイヤは新品に交換と、組みあがると見なくなる部分ばかりですが、面倒なところは
全て最初にやっておきます。

これでようやくスタートラインに並んだ感じです。
早速ちょろっと乗ってみましたが、やはりサスペンションが柔らかい。

現在の状態はノーマルに近い感じなのでこのままでも文句無いんですが、
今回はグランドツアラーからスポーティツアラーに 変化させたいので、あえて手を入れます。

今回使ったブレーキパッドは非常にコントローラブルで、あの車重を受け止めるには十分。
しかし他の全てが負けてます。
これを改善するにはやはり車重に合ったフォークスプリングとフォークオイル粘度、
そしてアンチダイブ機構のバランス取りが必要。
 
日本ではGLのカスタムパーツといえば電飾やメッキパーツしか無く、サスペンション等
欲しい部品は無いので、生まれ故郷であるアメリカの部品メーカーに直接注文することになります。

前後サスペンションのパーツから注文する事になりそうですが、問題がひとつ。


部品が届く前にバイクが売れてしまいそうwww

全日本モトクロス開幕!

| トラックバック(0)

いよいよ今週末 全日本モトクロス開幕です。

震災の影響で開幕が遅れていましたが、広島大会が開幕戦となります。

中桶は、昔お世話になったSEKI Racing MotoRomanさんのパドックにお邪魔しつつ

お手伝いの予定です。

今年は例年よりも更に気合の入ったIA-2#166 星野優位選手。

4年連続のタイトルを目指し今年もレディースクラスチャンピオンを狙う益春菜選手。

IBクラスから昇格した元気一杯のIA-2飯田義明選手。

今年はHondaRacingワークスチームも復活しました!

全てのHondaライダーとSEKI Racing MotoRoman & KBF-RSの応援、宜しくお願いします。

 

GL1500はじめました。

| トラックバック(0)
GLはじめました。
実は結構前から扱っていたのですが、今回は乗って楽しめるGLを創れないかということで
過去に自分が持っていて不満に感じた部分を中心に、GL1500の中古車で
色々試してみようと思います。
 
以前乗っていたGL1500の感想
 
ノーマルは跨るだけでストロークの半分を使い切ってしまうほどのやわらかさ。
それに合せるようにフロント主体ではなくリア主体のブレーキングが必須となるブレーキ。
それと全体的に感じる車体のヨレ。
折角の高回転に愉しみを見出せないエンジン。
 
コレをワインディングを楽しめる(ここ重要)バイクに生まれ変わらせる計画です。
 
今回のGLの方向性
Fサスペンション
現在GLには、既にレーステックのゴールドバルブとメーカー不明のスプリングキットが入ってます。
今回はこの状態からスタートし、ダンピングを効かせる+乗車1Gの適正化を図ります。
場合によってはハイレートのスプリングに交換も検討。

Rサスペンション
現在はノーマル。
以前自分が所有していた頃から気になっていた、高速コーナーでのフニャフニャ感を解消したい。 
まずは左右で仕事の違うノーマルサスから、左右バランスの取れたユニットに置き換え。
フルオーダー品を頼む予算は無いので、バネレートとダンピング(にあたる部分)が幅広く
調整出来そうな プログレッシブのエアサスを投入予定。
ノーマルのコンプレッサーを生かしたまま使用出来る事が理想。
ブレーキ
最初はインテグラル(連動)ブレーキは解除しない方向でセット開始。
GL1500ノーマルの貧弱なFブレーキではなく、現在主流のバイクのような
違和感のない連動ブレーキが目標。
まずはパッドを変更 足りないようなら摩擦材の張り替えも考慮に入れる。
あえて連動を切るやり方も考えてみる。

マフラー
排気ガス測定無い年式なのでやりたい放題ですが、派手な音は似合わないので
ノーマル+αの音量が目標。
集合部の絞りを無くす為にバイパスパイプに交換。
出力は上がるらしいが日常の使い勝手は未知数なので、とりあえず実験。
サイレンサーは経年劣化で穴が開く車両もあるので、交換できるものを模索中。
比較用ノーマル車両は、既納の御客様に御協力お願いする予定。


色々試して、ワクワクする乗り物に仕上げるのが目標ですが・・・
俺以外に需要が無さそうなのが一番の問題。

 広島店は5/1~5/5の間お休みをいただいております。




定休日 :毎週日曜日
営業時間:AM 10:00~PM7:00


このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13